画像

オランダのおやつ

Oliebollen

オリボーレン

オランダの冬の屋台の人気者が、オリボーレン。

「油のボール」を意味するオリボーレンはイースト菌で発酵させた揚げ菓子で、手で軽く握っただけで潰れてしまうほど、ふわふわ&エアリー。

ドロップクッキーのように柔らかい生地をスプーンですくい、油に落として揚げるので、形が不揃いなのはご愛嬌。生地そのものに甘さがほとんどないのも特徴で、レーズン 入りはほのかな甘さが驚くほど引き立ちます。

表面が真っ白になるほど粉糖をまぶし、口のまわりを白くして食べる地元っ子の姿が印象的でした。

旅するパティシエが創作する「世界のおやつの」のアルファフォーレスは、甘さを控えたドーナッツ生地にレーズンを練り込み、甘さと酸味のアクセントを加えます。揚げたてに、たっぷり粉糖をかけるのもポイント。
TOP