画像

中東のおやつ

Halva

ハルヴァ

中東を代表する郷土菓子、ハルヴァ。起源は古代メソポタミアとされ、現在では、東はバングラデシュから西はモロッコまで広い地域で愛されています。

穀物やナッツに油脂と砂糖を加えて作られるものですが、世界にはなんと数百種類ものハルヴァが存在するのだとか!なかには、チョコレート味やピスタチオ入りといったものも。

熱した砂糖のシロップに穀物を入れ、空気をたっぷり含ませながら混ぜ合わせて作ります。そうするとシロップが繊維状に固まり、口に入れるとサクッ、シュワッと溶ける独特の食感が生まれることに。

旅するパティシエが創作する「世界のおやつの」のハルヴァは、コクと風味が豊かな国産のピーナッツペーストを使用。優しい甘さのきび砂糖のシロップを注ぎ、ホロホロ、サクサクと溶けるような舌触りに仕上げます。
TOP